ある日突然、結婚相手から離婚を突き付けられてしまうケースは比較的多く見られます。
突然離婚を突き付けられてしまうと動揺してしまいますし、どうすれば良いか分からなくなってしまうでしょう。
そこで今回は、突然相手から離婚を突きつけられた場合にはどうすべきなのか、対処法などをご紹介します。
考えるべきことや注意しなければいけない行動も紹介していくので、配偶者から離婚を突き付けられてしまったという人は、ぜひ参考にしてみてください。

離婚と突然突き付けられた時の対処法

離婚を突き付けられた場合、多くの人は戸惑ってしまうでしょう。
まずは、離婚と突然突き付けられた時の対処法についてご紹介します。

離婚が成立する条件は限られている

結婚相手が離婚を突き付けてきたとしても、必ず離婚しなければいけないわけではありません。
あなたが離婚を拒否した場合は、基本的にそれを無視して離婚をすることはできないのです。
あなた自身に民法で定めた離婚原因(不貞行為をしていた、重い精神病で回復をする見込みがない、婚姻を継続しがたい重大な事由がある)がある場合は、離婚が成立する可能性もあります。

復縁を試みる

結婚相手から離婚を突き付けられた場合、復縁を試みるのも良いでしょう。
復縁を試みるのであれば、離婚届不受理申出をする必要があります。
離婚届不受理申出制度は、結婚相手が勝手に離婚届けを提出し、離婚することを防ぐために作られた制度です。
離婚届不受理申出を市役所や区役所などに提出しておくと、万が一結婚相手が勝手に離婚届けを出したとしても、受理されることはありません。

離婚を切り出された時に考えなければいけないこと

離婚を切り出されると、何が原因だったのか、どうしてこうなってしまったのかと考える人は多いです。
ネガティブな思考に陥ってしまう可能性もありますが、もしも離婚を切り出された場合、早い段階で考えなければいけないことがあります。
続いては、離婚を切り出された時に考えなければいけないことについてみていきましょう。

あなた自身がどうしたいのかを考える

離婚を突き付けられた時に、あなた自身は離婚をしたいと思っているのか、それともしたくないと思っているのか、自分に問いかけてみてください。
離婚はしてもしなくても、どちらが正解とははっきりと言えません。
離婚をしたとしてもしなかったとしても、あなた自身が後悔しない方を選択すべきなのです。
そのためには、あなた自身が離婚したいのか、それともしたくないのかをはっきりさせることが重要なポイントになります。

結婚相手が結婚を切り出した本当の意味を考える

離婚を突き付ける人の中には、本当に離婚をしたいわけではないけど結婚相手に改善して欲しい部分があるという人もいます。
そのように考えている人の多くは、本心で離婚したいと思っていないケースが多いです。
本気で離婚したいと考えているかどうかを見極めるのは簡単ではありませんが、日ごろの行動を見ていれば本気度が分かる可能性もあります。
例えば、毎日の家事や育児をほとんどやっている妻、ネガティブ発言が少ない夫などは、ストレスが溜まっていて、それが爆発してしまうことはあります。
その結果、離婚を突き付けるという行動に出てしまうのです。
これまでのストレスがたくさん溜まっている場合は、本気で離婚を考えていると思うべきだと言えるでしょう。

こんな行動をしてはいけない!

突然離婚を突き付けられた場合、焦りや怒りといった感情が沸き起こります。
しかし、感情に任せた行動をしてしまうのは良くありません。
最後に、離婚を突き付けられたときにしてはいけない行動について見ていきましょう。

逆ギレをする

感情的になって、逆ギレをするのは結婚相手との関係をより悪化させてしまう可能性が高まります。
「どうして離婚されなくてはいけないのか」、「離婚をするほど悪いところはあったか」など、相手を攻め立てるような言動は避けるようにしましょう。
簡単なことではありませんが、冷静になって話し合う努力が必要なのです。
冷静に話し合いができれば、改善点も見つけやすくなります。

結婚相手の親に伝える

離婚を突き付けられたからといって、すぐに相手の親に伝えるのもよくありません。
親は、子どもがいくつになっても大切なので伝えたところで結婚相手の味方になってくれる可能性はほぼゼロです。
それどころか、親に伝えたことが離婚したい気持ちに拍車をかけるリスクの方が大きいと考えられます。
そのため、離婚を阻止するために結婚相手の親を頼らないようにしましょう。

子どもを利用する

子どもを利用して離婚を回避しようとする人もいます。
「子どもがいるから離婚はできない」とか「子どものことを考えれば離婚できないだろう」など、子どもを盾にしたような発言は、子どもを利用していると感じます。
それは、離婚したい気持ちに拍車をかけかねない行為でもあるのです。
もしも、子どもを理由に結婚をしなかったとしても、離婚を突き付けられた本当の理由を改善できていなければ同じことを繰り返すかもしれません。
離婚を拒否するのであれば、離婚したくない理由を素直に伝えるようにしましょう。

ある日突然離婚を突き付けられてしまうと、ほとんどの人が慌てたり、怒りを感じたりします。
感情的になってしまうと逆効果になるので、しっかりと対処法などを知っておく必要があるのです。
さらに離婚を突き付けられた時にしてはいけない行動も知っていれば、離婚したいという気持ちに拍車をかけずに済みます。
どうしても話がまとまらない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

離婚関連のみ初回相談30分無料!平日夜間・土日も面談可能(要予約)