弁護士に相談する時にしておくべきこととは?

法律事務所に初めて相談に行くことにしたが、何かやっておくべきことや必要な資料の準備、何をどう聞けば良いのか等不安に感じる方もいらっしゃることと思います。
特に「初回相談30分無料」等の場合には、短い時間で相談したい事項や疑問点を話したうえで、弁護士からのアドバイスも聞き、忘れないようメモ等で残すことも大切です。
そのために、簡単なもので結構ですので、相談したい事項に関する事実関係を時系列順にまとめたメモや人物関係図等(特に相続についてのご相談時には作成をお願いしております。)を作ってきていただけると、弁護士も事実関係を早期にかつ正確に把握することができるため、短い時間で的確なアドバイスをすることが可能になります。

また、気になっていることを聞き逃さないために、事前に弁護士に聞きたいことをメモにまとめ、弁護士からのアドバイスをメモに書き込むようにすることで、「あれも聞いておけばよかった。」「聞いたけど忘れてしまった。」ことがないようにしていただきたいと思います。ご相談を進めるの中で、わかりにくい部分は「わからない」とはっきりとお伝えいただけましたら、丁寧にご説明いたします。わからない部分があるまま、ご相談の時間だけが過ぎてしまうことがないように、疑問点については、何度でもご質問ください。

法テラスご利用の場合や、個別の事案によって、ご準備いただきたい資料等が変わってきますので、相談のご予約の際にご確認ください。

また、当事務所では、日本弁護士連合会の規程に基づき、初回のご相談時にはご本人確認のため、公的証明書の提示をお願いしておりますので、ご協力いただきますようお願い致します。

   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

平日夜間・土日も面談可能(要予約)