夫から離婚を求められ、最終的に将来の退職金を含め解決時に受領したケース

40代・女性 婚姻期間: 子ども:あり :職業:

[背景]

出産を機に精神的に不安定になった妻が、突然夫から離婚を求められ、夫が家を出る形で別居を開始した事案。

[相談内容と弁護士対応]

夫が離婚調停を申し立てたことから、調停の妻側の代理人を受任しました。妻は突然離婚を求められたことに納得しておらず、離婚に合意しなかったため調停は不成立で終わりました。その後、夫から離婚訴訟を提起されました。妻としては、離婚に応じたくない気持ちはあるものの、夫婦関係の修復は困難であると考え、相当額の金銭給付が得られるのであれば離婚する決意を固めたことから、訴訟では主に夫から妻にいくら支払われるべきかが争点となりました。

[結果]

最終的に、夫が将来取得する予定の退職金を含む1500万円近くの金額が妻に支払われることになりました。
突然、配偶者から離婚を求められるケースでは、離婚に応じるべきか否か迷われる方が少なくありません。もちろん、最終的にはご自身で決めていただく必要がありますが、その前に弁護士にご相談いただくことによって、精神的な負担を減らしたり、将来の見通しを立てやすくなったりすることもあります。このケースでは、何度も打ち合わせを重ね、色々なお話を丁寧に聞き取り、ご本人の決断をサポートすることを心掛けました。

その他の解決事例

弁護士の介入により、早期解決したケース

40代・女性

子育てについての意見が合わないなど、すれ違いが重なって、夫婦関係が破綻。

妻の浮気相手へ慰謝料請求したケース

・男性

妻の携帯電話に男性から頻繁に連絡が来ていることに気がついたことがきっかけで妻の不貞行為が発覚し、妻に事実確認をしたところ妻も不貞の事実を認めたため、相手の男性に対して損害賠償請求をした事案。

交際相手の妻からの慰謝料請求されたケース

30代・女性

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求された事案。

夫から離婚を求められ、最終的に将来の退職...

40代・女性

出産を機に精神的に不安定になった妻が、突然夫から離婚を求められ、夫が家を出る形で別居を開始した事案。

夫の浮気が原因で妻から離婚を申し立てたケ...

40代・女性

夫の浮気が判明し、夫婦関係が破綻した事案。
   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

離婚関連のみ初回相談30分無料!平日夜間・土日も面談可能(要予約)