交際相手の妻からの慰謝料請求されたケース

30代・女性 婚姻期間: 子ども: :職業:

[背景]

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求された事案。

[相談内容と弁護士対応]

交際相手の妻との交渉を受任しました。

[結果]

交際相手の男性とのメールのやり取りを確認したところ、男性の方が交際に積極的であったことを示すものが多数存在したことから、これを元に妻に支払うべき金額は減額されるべきであると主張しました。その結果、書面や電話でのやりとりで支払金額を20万円にまで減額することができ、スピーディに問題を解決することができました。
一般的に、配偶者のいる相手と交際をした場合、配偶者から慰謝料請求が為されれば、全く支払いをせずに問題を解決することは困難です。そのような場合には、支払金額を減額するために、交際に至った経緯や交際が継続した理由等を主張立証していくことが不可欠です。早期に弁護士に相談、依頼することによって、紛争が激化する前に解決することができるケースも多いと思われます。請求が来てお困りの場合には、早期に弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

その他の解決事例

夫の浮気が原因で妻から離婚を申し立てたケ...

40代・女性

夫の浮気が判明し、夫婦関係が破綻した事案。

弁護士の介入により、早期解決したケース

40代・女性

子育てについての意見が合わないなど、すれ違いが重なって、夫婦関係が破綻。

夫から妻に対する暴力が問題となったケース

・男性

夫婦喧嘩中に妻の発言に激高した夫が妻の腕を強く握り、妻の腕にあざができてしまいました。 これを機に夫婦関係が悪化し、最終的に妻が子供を連れて実家に戻る形で別居を開始しましたが、夫としては妻とこれ以上婚姻関係を継続することは困難であると考え、離婚を決意した事案

妻の浮気相手へ慰謝料請求したケース

・男性

妻の携帯電話に男性から頻繁に連絡が来ていることに気がついたことがきっかけで妻の不貞行為が発覚し、妻に事実確認をしたところ妻も不貞の事実を認めたため、相手の男性に対して損害賠償請求をした事案。

交際相手の妻からの慰謝料請求されたケース

30代・女性

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求された事案。
   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

離婚関連のみ初回相談30分無料!平日夜間・土日も面談可能(要予約)