妻の浮気相手へ慰謝料請求したケース

・男性 婚姻期間: 子ども: :職業:

[背景]

妻の携帯電話に男性から頻繁に連絡が来ていることに気がついたことがきっかけで妻の不貞行為が発覚し、妻に事実確認をしたところ妻も不貞の事実を認めたため、相手の男性に対して損害賠償請求をした事案。

[相談内容と弁護士対応]

妻の不貞行為の相手に対する損害賠償請求交渉を受任しました。

[結果]

弁護士より妻の不貞行為の相手宛てに通知を送ったところ、すぐに代理人弁護士から受任の旨の連絡があり、代理人間で協議することになりました。
当初、相手の男性側は、不貞の事実を認めながらも、支払いは不可能であると主張していましたが、交渉を重ね、最終的には依頼者に対し100万円を支払うことで合意しました。
金銭の支払請求事件においては、相手の経済状況を把握し、確実に金銭を回収するため、支払い方法等にも注意する必要があります。
交渉を弁護士に依頼することで、金銭回収を確実にすることが可能になるケースも多くあります。
お悩みの方は早めに弁護士へご相談ください。

その他の解決事例

交際相手の妻からの慰謝料請求されたケース

30代・女性

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求された事案。

弁護士の介入により、早期解決したケース

40代・女性

子育てについての意見が合わないなど、すれ違いが重なって、夫婦関係が破綻。

夫から離婚を求められ、最終的に将来の退職...

40代・女性

出産を機に精神的に不安定になった妻が、突然夫から離婚を求められ、夫が家を出る形で別居を開始した事案。

夫から妻に対する暴力が問題となったケース

・男性

夫婦喧嘩中に妻の発言に激高した夫が妻の腕を強く握り、妻の腕にあざができてしまいました。 これを機に夫婦関係が悪化し、最終的に妻が子供を連れて実家に戻る形で別居を開始しましたが、夫としては妻とこれ以上婚姻関係を継続することは困難であると考え、離婚を決意した事案

夫の浮気が原因で妻から離婚を申し立てたケ...

40代・女性

夫の浮気が判明し、夫婦関係が破綻した事案。
   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

平日夜間・土日も面談可能(要予約)