夫から妻に対する暴力が問題となったケース

・男性 婚姻期間: 子ども:あり :職業:

[背景]

夫婦喧嘩中に妻の発言に激高した夫が妻の腕を強く握り、妻の腕にあざができてしまいました。
これを機に夫婦関係が悪化し、最終的に妻が子供を連れて実家に戻る形で別居を開始しましたが、夫としては妻とこれ以上婚姻関係を継続することは困難であると考え、離婚を決意した事案

[相談内容と弁護士対応]

妻との離婚交渉(面会交流を含む)受任後、離婚調停申立事件へと移行しました。

[結果]

弁護士より妻宛てに通知を送ったところ、妻の代理人弁護士から受任の旨の連絡があり、代理人間で協議することになりました。
依頼者は、とにかく早期に離婚することを希望しており、大幅に譲歩した条件を提示しましたが、妻からは当方の提案した条件に加えて、暴力についての高額な慰謝料が請求されました。
交渉での解決は困難であると判断し、調停を申し立てました。
調停においても妻側は高額な慰謝料を請求していましたが、調停委員に対し、当方が提案している条件が極めて妻に有利なものであることを説明することによって、調停委員が妻を説得してくださり、最終的に依頼者の希望する内容で離婚が成立しました。
また、面会交流については、交渉開始後すぐに妻側に対して面会交流を求め、調停期日までの間に面会交流を積み重ねた結果、頻回かつ長時間の面会交流を実施することで合意が出来ました。
交渉での解決を目指す場合においても、その後の調停を見据えて交渉を進めることが不可欠です。
また、調停においては、調停委員に主張の正当性を理解してもらうよう努めることで、調停を有利に進めることができる場合もあります。
特に、相手に代理人がついている場合には、相手のペースで調停を進められてしまう危険がありますので、早期に弁護士に相談されることをお勧めします。

その他の解決事例

弁護士の介入により、早期解決したケース

40代・女性

子育てについての意見が合わないなど、すれ違いが重なって、夫婦関係が破綻。

夫から妻に対する暴力が問題となったケース

・男性

夫婦喧嘩中に妻の発言に激高した夫が妻の腕を強く握り、妻の腕にあざができてしまいました。 これを機に夫婦関係が悪化し、最終的に妻が子供を連れて実家に戻る形で別居を開始しましたが、夫としては妻とこれ以上婚姻関係を継続することは困難であると考え、離婚を決意した事案

交際相手の妻からの慰謝料請求されたケース

30代・女性

学生時代の友人だった男性と再会し、交際を開始したが、交際の事実が交際相手の妻に知られ、300万円の慰謝料を請求された事案。

夫から離婚を求められ、最終的に将来の退職...

40代・女性

出産を機に精神的に不安定になった妻が、突然夫から離婚を求められ、夫が家を出る形で別居を開始した事案。

妻の浮気相手へ慰謝料請求したケース

・男性

妻の携帯電話に男性から頻繁に連絡が来ていることに気がついたことがきっかけで妻の不貞行為が発覚し、妻に事実確認をしたところ妻も不貞の事実を認めたため、相手の男性に対して損害賠償請求をした事案。
   

離婚・慰謝料請求のご相談は
弁護士法人 筧(かけひ)
法律事務所へ

離婚関連のみ初回相談30分無料!平日夜間・土日も面談可能(要予約)